2018.12.22-24 奄美大島の旅③

【12月24日(月) 3日目】

今日は6時30分に起床、朝風呂に入り朝食を食べました。中学生の団体が帰ったのか、今日の朝食は洋食セットでした。これからじゃらんで事前予約していた金作原原生林のツアーに出かけます。9時15分に迎えが来るということなのでホテルのロビーで待ち合わせをします。通常はひとり3,500円なのですが、じゃらんの1,000円クーポンを利用してふたりで6,000円でした。現地にはトイレがないので途中でトイレ休憩です。

f:id:akazi405:20181230101111j:plain

ガイドの方がいろいろ説明をしてくれます。写真に写っている棒はハブの撃退のために刺してあるとのこと。

f:id:akazi405:20181230101936j:plain

ヒガン桜です。通常は2月くらいに咲く花ですが、今年奄美大島を襲った台風24号の塩害で付近の木々の葉が枯れてしまい、最近の暖冬の影響で狂い咲きしているとのことです。

f:id:akazi405:20181230102117j:plain

名瀬のホテルから約1時間弱で金作原原生林に到着しました。

f:id:akazi405:20181230102333j:plain

小雨が降っています。

f:id:akazi405:20181230102430j:plain

f:id:akazi405:20181230102459j:plain

このあたりはつい最近国立公園に指定されたようです。指定されるまでは車も通行できたようですが、今は金作原原生林も車の通行が制限されています。

f:id:akazi405:20181230102631j:plain

くわずいも

f:id:akazi405:20181230102740j:plain

くわずいもの葉の裏です。

f:id:akazi405:20181230102808j:plain

この金作原原生林のメインであるヘゴの木です。

f:id:akazi405:20181230102836j:plain

恐竜が出てきそうな雰囲気です。

f:id:akazi405:20181230102941j:plain

マングースを捕獲する罠です。マングースは、ハブやクマネズミの退治を期待され、1979年に30頭が離されたのですが、ハブは夜行性でマングースは昼間に活動する動物なので期待される効果がなく、アマミノクロウサギアマミヤマシギといった奄美大島の希少な動物を捕食していることがわかり、2000年には10,000頭にも膨れ上がったマングースの駆除がはじまりました。駆除のおかげで現在はほぼ0に近い数に減少したとのことです。

f:id:akazi405:20181230103011j:plain

きれいな花です。

f:id:akazi405:20181230103900j:plain

オキナワウラジロガシです。大木です。

f:id:akazi405:20181230103923j:plain

f:id:akazi405:20181230103942j:plain

ヘゴの木、大きなわらびみたいです。沖縄本島の一部では食用にされています。

f:id:akazi405:20181230104041j:plain

大木に着根して成長したものです。

f:id:akazi405:20181230104521j:plain

ガイドさんの案内で約1時間の散策を終えてホテルまで帰りました。これから奄美空港まで戻り、大阪へ帰ります。

途中、「田中一村終焉の家」に立ち寄ります。田中一村とは、1958年50歳で奄美大島に移り住み、亜熱帯植物や島の魚、動物などをモチーフにした作品を描き続けた画家です。

f:id:akazi405:20181230105109j:plain

猫が顔を出しています。

f:id:akazi405:20181230105611j:plain

この大きなスーパーで昼食を摂り、お土産も買いました。

f:id:akazi405:20181230105658j:plain

奄美リゾートばしゃ山村の中にあるお土産屋さん。

f:id:akazi405:20181230105756j:plain

ケンムンとは、奄美群島に伝わる妖怪です。キャラクター化されています。

f:id:akazi405:20181230105830j:plain

裏はばしゃ山海水浴場です。大木にはブランコが降ら下がっています。

f:id:akazi405:20181230110113j:plain

展望台より土浜

f:id:akazi405:20181230110241j:plain

展望台近くにある「原ハブ屋」入るだけなら無料です。「ハブと愛まショー」は800円必要となります。

f:id:akazi405:20181230110409j:plain

ハブです。

f:id:akazi405:20181230110713j:plain

こちらは、無毒のアカマタです。

f:id:akazi405:20181230110742j:plain

可愛いイモリ

f:id:akazi405:20181230111016j:plain

レンタカーのガソリンを満タンにし返却、奄美空港に到着、16:55分のバニラエアJW874便で大阪に帰りました。

f:id:akazi405:20181230111225j:plain

約10分早く関西国際空港に到着しました。

f:id:akazi405:20181230111243j:plain

終わり…

 





 

 

 

2018.12.22-24 奄美大島の旅②

1日目の続きです。

【12月23日 2日目】

6時過ぎに起床して朝風呂に入ります。このホテルは大浴場があるので、朝も5時30分からお風呂が入れるがいいところです。昨夜から中学生のバレーボール部の団体が宿泊しているので、朝食時間をずらした方がいいと言われたので6時30分すぎに朝食会場の10階レストランへ…普段は和食・洋食・和洋折衷と選べるのですが、団体が入っているのでバイキングです。

f:id:akazi405:20181226183441j:plain

レストランから名瀬港を見ています。朝焼けがきれいです。

f:id:akazi405:20181226183631j:plain

今日はこれから加計呂麻島に渡って奥さんとサイクリングをする予定です。

名瀬から車で1時間走らせると、加計呂麻島へのフェリーが出ている古仁屋に到着しました。加計呂麻島のレンタサイクリングに予約の電話を入れると1台しか空いていないとのこと、「ガビーン」どうしようか奥さんと相談し、車でそのままフェリーに乗ることに決定。すぐにチケット売り場にいくと、車は空いているとのこと、「ラッキー」30分くらい後に来たカップルは満車だと断られていいました。出船1時間前に来ていてよかった。往復自動車5,950円(乗船料込)+690円(奥さん分)でした。

f:id:akazi405:20181230084934j:plain

フェリー加計呂麻

f:id:akazi405:20181230090337j:plain

フェリー乗り場になっている「せとうち海の家」

f:id:akazi405:20181230090356j:plain

古仁屋があるこの瀬戸内町はクロマグロ養殖の日本一の地みたいです。

f:id:akazi405:20181230090423j:plain

フェリー加計呂麻から加計呂麻島を望む。

f:id:akazi405:20181230090521j:plain

10:20発のフェリー乗船、約25分で加計呂麻島の瀬相港に到着しました。帰りは同じ瀬相港から14:40出発予定です。古仁屋からは、加計呂麻島の瀬相港と生間港に渡る2つの航路があります。時間に合わせてどちらかの港に渡る方法を選択したらと思います。

f:id:akazi405:20181230090609j:plain

この島は寅さんのロケ地になったことで有名です。

f:id:akazi405:20181230090625j:plain

まずは、車で一番北の「実久」に向かいます。ここは、「実久ブルー」と言われ、晴れている日は海がブルーに輝くことで有名です。当日は曇っていましたが、写真のように海は本当にきれいです。

f:id:akazi405:20181230090713j:plain

実久地区の風景、ダイビングショップがたくさんあります。

f:id:akazi405:20181230091027j:plain

12月でもハイビスカスの花が咲いています。今日は気温25°Cまで上がるそうです。

f:id:akazi405:20181230091116j:plain

実久のビーチ

f:id:akazi405:20181230091247j:plain

これから南下していきます。加計呂麻島を縦断し、瀬相港に戻る予定です。

f:id:akazi405:20181230091407j:plain

武名ガジュマル

f:id:akazi405:20181230091455j:plain

瀬相港の「いっちゃむん市場」

f:id:akazi405:20181230091527j:plain

諸鈍のデイゴ並木

f:id:akazi405:20181230091924j:plain

ここは、「男はつらいよ」のロケ地になったみたいです。5月には赤い花を咲かせます。

f:id:akazi405:20181230092032j:plain

安脚場戦跡公園にこの後行く予定でしたが、がけ崩れで通行止めのようです。あきらめて瀬相港に戻り、フェリーに乗りました。

f:id:akazi405:20181230095803j:plain

お昼ご飯を食べていなかったので、せとうち海の家の中にある「海力」でご飯を食べます。

f:id:akazi405:20181230100206j:plain

奥さんが頼んだ「海鮮丼 850円」

f:id:akazi405:20181230100328j:plain

私が頼んだ「ねぎとろ丼 600円」ごま油が利いていて「うまっ!!」これで600円、コカパ抜群です。

f:id:akazi405:20181230100425j:plain

帰路に向かいます。途中の展望台から加計呂麻島を望む。

f:id:akazi405:20181230100534j:plain

途中、マングローブ園で休憩・お土産を買ってホテルに帰りました。

f:id:akazi405:20181230100630j:plain

3日目につづく



 

 

2018.12.22-24 奄美大島の旅

12月22日(土)~24日(祝)の3連休を利用して奥さんと「東洋のガラパゴス」と呼ばれる奄美大島へ行ってきました。「東洋のガラパゴス」と呼ばれる所以は、特別天然記念物の希少な固有種が数多く生息し、亜熱帯植物の森が多く残されているからです。今回は3連休にもかかわらずバニラエアで2人で往復19,840円という格安チケットが予約できたので、奥さんを誘い2泊3日の旅です。

【12月22日(土) 1日目】

9時40分関空発のバニラエアJW873便に乗るために、JR茨木7時発のエアポートリムジンに乗車しました。およそ80分で関西国際空港第1ターミナルに到着しました。

f:id:akazi405:20181225142015j:plain

前日にWebチェックインを済ませておいたのでスムーズに搭乗口に向かいます。

f:id:akazi405:20181225142408j:plain

バニラエアJW873便です。予定時刻通りに離陸しました。

f:id:akazi405:20181225142449j:plain

11時20分に予定時刻より10分も早く奄美大島に到着しました。奄美大島世界自然遺産を目指しているようです。

f:id:akazi405:20181225142554j:plain

奄美空港、大きくはないですがきれいな空港です。

f:id:akazi405:20181225142802j:plain

「いもーれ」は奄美大島の方言で「ようこそいらっしゃい」という意味です。沖縄では「メンソーレ」でしたね。

f:id:akazi405:20181225142847j:plain

早々、駅前のレンタカー屋さんで予約していたレンタカーを借りに行きます。歩いて2・3分のところに「奄美レンタカー」があるのですが、空港の正面玄関を開けると「奄美レンタカー」のバンが止まっていたので乗り込みました。レンタカー代は楽天トラベルのセール割引とクーポンを利用して2泊3日で4,780円でした。格安でレンタルできました。まずは、空港から車で10分くらいの場所にある「あやまる岬」へ

あやまる岬

f:id:akazi405:20181225143735j:plain

良い天気でよかったです。海も本当にきれいです。でも大阪と違い気温は24°C暑いくらいです。この日は半袖シャツです。

f:id:akazi405:20181225143814j:plain.

ちょうどお昼時でしたので、土盛海岸近くにある「レスト&ロッジ 翔」に向かいました。ここは、ネットで調べてチキン南蛮定食がおいしいらしいです。窓から土盛海岸も見えます。

f:id:akazi405:20181225143913j:plain

店内の様子、たくさんの泡盛ハブ酒(真ん中下)もあります。

f:id:akazi405:20181225144252j:plain

チキン南蛮定食(680円)ボリューム満点で安す~とってもおいしかったです。

f:id:akazi405:20181225144343j:plain

奄美空港から車で15分くらいいった龍郷町に今人気の観光スポットであり、恋愛のパワースポットである「ハートロック」に向かいました。干潮時に行くと、岩礁がハート型になるとのこと、ちょうど今日は12時すぎが干潮なのでいい時間帯です。

少し迷いましたが小さな看板を目印に現場に到着しました。近くの駐車場に車を停め、海岸に向かいます。ジャングルのような道を進みます。

f:id:akazi405:20181225144506j:plain

これがハートロックです。

f:id:akazi405:20181225144530j:plain

奄美大島西郷隆盛が最初に逃れた地でも有名です。龍郷町役場から県道81号線を北上したところに「西郷松」があります。この「西郷松」は、1859年に薩摩藩の黒糖積船が龍郷港に到着し、ここにあった松の木にロープを結んで接岸し、西郷隆盛奄美大島に上陸した場所とされており、「西郷松」と呼ばれています。でもどこにも松の木がない。裏にあった碑を読むと、塩害や病気・白ありによる被害で平成23年に「立ち枯れ」の診断され伐採されたとのことです。

f:id:akazi405:20181225145442j:plain

さらに県道81号線を5分ほど北上すると「西郷南洲謫居跡」があります。菊池源吾と名を変えていた西郷隆盛は1859年から1861年まで奄美大島に身を潜めていました。ここで愛加那を島妻に迎え、2児を設けています。西郷隆盛が鹿児島に戻る際に建物を新築して愛加那や子どもたちが生活できるようにしたとのこと。

西郷南洲謫居跡

f:id:akazi405:20181225145457j:plain

中には西郷隆盛の所以のある人たちの写真や資料が展示されています。入場料は200円です。管理しているおじさんかいろいろと説明してくれます。

f:id:akazi405:20181225145513j:plain

名瀬を通り過ぎ、住用町に向かいました。目的は「マングローブ茶屋」のマングローブ原生林カヌーツアーに参加するためです。じゃらんで予約し通常は2人で3,400円ですが、1,000円クーポンを利用し、2,400円です。カヌーの簡単なレクチャーを受けマングローブツアーに出発です。

f:id:akazi405:20181225151334j:plain

大きな川です。川の水は塩味でした。満潮で海水が上がってきているからでしょう。

f:id:akazi405:20181225151347j:plain

マングローブの森です。ワクワクドキドキします。前のカヌーは奥さんです。

f:id:akazi405:20181225151401j:plain

約1時間ほどのカヌーツアーを終え、道路沿いからマングローブの森を撮影しました。

f:id:akazi405:20181225151419j:plain

名瀬に戻り、今日から2泊する「奄美ポートタワーホテル」です。楽天トラベルで予約し、2人で2泊朝食付き21,400円+駐車料300円でした。大浴場・サウナもあります。

f:id:akazi405:20181225151434j:plain

ツインの部屋を予約しました。一人1泊5,000円ちょっとだから十分です。

f:id:akazi405:20181225151452j:plain

夕食は10階のレストラン「ポートビュー」で奄美大島の代表的な郷土料理の鶏飯をメインにした「島めぐりセット 1,700円」をいただきました。メニューの写真に写っていたデザートがなかったのが残念ですが(きっと忘れていたと思います。)でも甘いものが苦手なのでよしとしましょう。

f:id:akazi405:20181225151510j:plain

食後は買い物のために名瀬の繁華街に繰り出しました。でも帰ってすぐに寝ました。

f:id:akazi405:20181225151525j:plain

2日目につづく…

 

2018.12.15 真田丸探索

大阪城に続き、NHK大河ドラマ真田丸」を思い出し、真田丸があったであろうという地を探索しました。場所は大阪環状線のJR玉造駅から徒歩10分くらいの場所です。まずは、かつては出城「真田丸」が置かれ、大坂の陣のときには真田信繁大阪城から当地までの抜け穴が残っている「三光神社」に向かいました。

三光神社

f:id:akazi405:20181225134054j:plain

真田丸の幟が至る所にあります。

f:id:akazi405:20181225134422j:plain

真田信繁の像と抜け穴

f:id:akazi405:20181225134512j:plain

抜け穴、現在は埋められているらしいですが、本当に大阪城まで穴が続いていたのかなぁ?ここ以外にも多くの抜け穴が掘られたらしいです。

f:id:akazi405:20181225134555j:plain

本殿です。

f:id:akazi405:20181225134927j:plain

真田丸のあったとされている場所は現在学校になっていますが、このあたりに真田丸があったとされています。

f:id:akazi405:20181225134700j:plain

学校のグランド近くにある「真田丸顕彰碑」

f:id:akazi405:20181225134713j:plain

次は真田丸の跡地にある真田信繁(幸村)ゆかりの寺院「心眼寺」に向かいます。

心眼寺

f:id:akazi405:20181225135156j:plain

向かって右には「真田幸村出丸城跡」の碑があります。

f:id:akazi405:20181225135438j:plain

左には、坂本龍馬暗殺で有名な京都見廻組、桂早之介、渡辺吉太郎墓所の碑があります。

f:id:akazi405:20181225135542j:plain

心眼寺は、1622年に白牟和尚が真田信繁真田大助の冥福を祈るために創建したそうですが、当時の大坂は徳川幕府の直轄地であり、豊臣勢の武将である真田信繁父子の墓をつくることは許されなかったそうです。それが、400年後の2014年に建立できたということです。

真田信繁(幸村)の墓

f:id:akazi405:20181225135736j:plain

京都見廻組、桂早之介、渡辺吉太郎の墓

f:id:akazi405:20181225135830j:plain

お寺の門にも真田家の家紋「六文銭」が彫られています。

f:id:akazi405:20181225135955j:plain

以上で真田丸の探索でした。




 

2018.12.10 大阪城探索

今日は昼から人間ドックです。午前中が空いていたので、人間ドックを受診する場所である大阪城公園に行きついでに大阪城を探索しようと思いつきました。大阪に住んでいながら大阪城をじっくり見たことがないのでいい機会です。朝の10時くらいに大阪城公園駅からスタートです。

JR大阪城

f:id:akazi405:20181225123907j:plain

大阪城ホールを抜け、青屋門から入ります。

f:id:akazi405:20181225124250j:plain

しばらく歩くと大阪城の内壕が見えます。知らないうちに極楽橋の下に船が走っています。「大阪城御座船」とういうみたいです。乗船料は大人1,600円です。

f:id:akazi405:20181225124343j:plain

極楽橋からの大阪城

f:id:akazi405:20181225124809j:plain

極楽橋を渡ってしばらく歩くと、「豊臣秀頼淀殿自害の地の碑」があります。大坂の陣の際に、豊臣秀頼淀殿が自害したとされる場所です。

f:id:akazi405:20181225125210j:plain

大阪城への石段を登る手前に、「山里曲輪石垣の弾痕」があります。太平洋戦争中に大阪城に軍の司令部があったことからアメリカ軍の攻撃対象になっていました。

f:id:akazi405:20181225125458j:plain

「山里曲輪石垣の弾痕」の近くに「淀君並殉死者三十二名忠霊塔」がひっそりとありました。淀殿らとともに殉死した人の慰霊塔です。

f:id:akazi405:20181225125746j:plain

石段から見た大阪城

f:id:akazi405:20181225125843j:plain

大阪城本丸、観光客のほとんどがアジア系の外国人てす。

f:id:akazi405:20181225130005j:plain

旧第四師団司令部があった建物は現在ミライザ大阪城と呼ばれ、さまざまなショップが中に入っています。

f:id:akazi405:20181225130437j:plain

昭和45年に「人類の進歩と調和」をテーマに開催された万国博覧会を記念して翌年に埋設されたタイムカプセルです。世界各国の文化所産2,098点が格納されています。内径1mのカプセルが2個埋設されており、1個は毎世紀初頭に、もう1個は5,000年後の6,970年に開かれる予定になっています。

f:id:akazi405:20181225131031j:plain

桜門にある巨石「蛸石」

f:id:akazi405:20181225131052j:plain

「金明水井戸屋形」

f:id:akazi405:20181225131111j:plain

「桜門」

f:id:akazi405:20181225131127j:plain

桜門近くにいた犬、クリスマスムードを盛り上げています。

f:id:akazi405:20181225131506j:plain

f:id:akazi405:20181225131553j:plain

空壕

f:id:akazi405:20181225131746j:plain

豊國神社豊臣秀吉の像

f:id:akazi405:20181225131829j:plain

豊國神社の燈籠が倒れていました。

f:id:akazi405:20181225132119j:plain

桜門から大手門に向かって歩くと、左手に「石山本願寺推定地」の碑があります。

f:id:akazi405:20181225132135j:plain

重要文化財「千貫櫓」

f:id:akazi405:20181225132304j:plain

大手門

f:id:akazi405:20181225132737j:plain

大手門から再び大阪城公園駅に戻ります。

途中に「蓮如上人袈裟懸の松」があります。

f:id:akazi405:20181225132823j:plain

松は枯れてしまって根っこだけが残っています。

f:id:akazi405:20181225133204j:plain

そばいた猫

f:id:akazi405:20181225133225j:plain

大坂梅林の前を通って大阪城公園駅に戻り、人間ドックの会場に向かいました。

f:id:akazi405:20181225132902j:plain

 

2018.12.1 大津・草津宿

12月1日に紅葉でも見に行こうと思い立ち、愛車フィットでドライブに…自宅の高槻市からR171を通って滋賀県に向かいます。途中五条坂を登って、将軍塚から京都の景色を見ようと寄り道をしました。

将軍塚青蓮院門跡

f:id:akazi405:20181210074844j:plain

紅葉がきれいです。

f:id:akazi405:20181210080913j:plain

f:id:akazi405:20181210080931j:plain

将軍塚からの京都の風景

f:id:akazi405:20181210081102j:plain

R1沿いにある、昔山城国近江国の国境となっていた関所です。東海道中山道が逢坂関を越えるため、交通の要となる重要な関所だったそうです。

f:id:akazi405:20181210081133j:plain

f:id:akazi405:20181210081538j:plain

峠を越えて、大津市内に入りました。大津のひき山ストリートです。

f:id:akazi405:20181210081705j:plain

商店街を少し散策してみることにしました。

行列をしている肉屋さんです。今日は100円市が開催されていて、近江牛コロッケが100円でした。さっそく行列に並びます。

f:id:akazi405:20181210081822j:plain

近江牛コロッケ100円(いつもは130円やったかな?)うまっ!!

f:id:akazi405:20181210082053j:plain

商店街内にある大津祭曳山展示館です。入場無料

 

f:id:akazi405:20181210082549j:plain

展示されている曳山

f:id:akazi405:20181210082717j:plain

大津事件が起こった場所です。大津事件とは1891年5月11日に日本に訪問中のロシア帝国皇太子ニコライ2世がこの場所で警備にあたっていた警察官に突然切り付けられた暗殺未遂事件です。

f:id:akazi405:20181210082800j:plain

浜大津の琵琶湖の風景

f:id:akazi405:20181210083147j:plain

すぐそばに大津城跡の碑があります。

大津城は1586年に豊臣秀吉浅野長政に命じて築城された城で有名な城主としては京極高次がいます。1600年には関ヶ原の戦いの前哨戦である、大津城の戦いが知られています。

f:id:akazi405:20181210083256j:plain

大津市から車で30分ほど走らせると草津宿に到着しました。

草津宿とは、東海道五十三次の52番目の宿場で、中山道が合流しています。本陣が現存しており、古い町並みが残っています。

f:id:akazi405:20181210083935j:plain

草津宿街道交流館

f:id:akazi405:20181210083823j:plain

古い酒蔵

f:id:akazi405:20181210083844j:plain

草津宿本陣です。国の史跡指定されています。

f:id:akazi405:20181210083902j:plain

草津宿を通り抜けるとJR草津駅に到着します。今日はこれから近鉄百貨店で交通安全イベントに出演するフルーレットのミニライブを見に行きます。

フルーレット

f:id:akazi405:20181210101058j:plain

ミニライブが終わり、帰路に立つ途中に愛車フィットに異変が…IMAの異常ランプがつき、バッテリーに充電できませんとの表示が…エンジンを止めずに高速を使って帰りつきました。翌日エンジンをかけましたがやはりエンジンがかかりません。JAFを呼んで車を買ったディラーまで運んでもらいました。修理にモーターとバッテリー、プラグを替えてもらい40,890円かかりました。あーあ…

 



 

 



2018.11.23-25 尾道・しまなみ海道・岡山ひとり旅④

【3日目 11月25日(日)】

行程

JR岡山===備中高松(高松城見学)==岡山(岡山見学)==JR岡山==(こだま)==新大阪

ホテルの朝食バイキングです。バイキングの種類はあまりないかな?

f:id:akazi405:20181209080936j:plain

路面電車に乗りJR岡山駅に向かいます。

f:id:akazi405:20181209081149j:plain

JR岡山から総社線に乗り、備中高松に向かいます。

f:id:akazi405:20181209081241j:plain

備中高松駅

f:id:akazi405:20181209081309j:plain

10分ほど歩くと、羽柴秀吉の水攻めで有名な高松城跡に到着します。

f:id:akazi405:20181209081727j:plain

現在、国の史跡に指定されていて、続日本100名城にも選定されています。

f:id:akazi405:20181209081939j:plain

城内の清水宗治首塚

f:id:akazi405:20181209082207j:plain

城内にある資料館です。無料で入れます。

f:id:akazi405:20181209082429j:plain

資料館内に設置してある清水宗治

f:id:akazi405:20181209082550j:plain

駅に戻る途中に寄り道をしました。水攻めの堤防の跡が残っている蛙ヶ鼻、史跡公園になっています。

f:id:akazi405:20181209082634j:plain

これが堤防の跡です。

f:id:akazi405:20181209082646j:plain

大鳥居

f:id:akazi405:20181209082938j:plain

お昼ごろに岡山駅に到着、隣接するイオンで中川翔子のミニライブがあるとのこと。ラッキーこれはぜひ見に行かなければ…ライブ中は写真撮影不可なのでライブ前に1枚写真をパチリ。

f:id:akazi405:20181209083004j:plain

新曲が3年ぶりにリリースされるようです。

f:id:akazi405:20181209083017j:plain

帰りの新幹線の時間にはまだあるので徒歩で岡山城に向かいました。岡山城宇喜多秀家が秀吉の指導を受けて築城されました。外観が黒いことから「烏城」と呼ばれています。

f:id:akazi405:20181209083253j:plain

紅葉がきれいでした。

f:id:akazi405:20181209083307j:plain

重要文化財に指定されている「月見櫓」が無料で入れるとのこと。さっそく入りました。

f:id:akazi405:20181209083322j:plain

いい時間になったのでこだまで新大阪まで帰りました。今回の旅は西日本豪雨のために観光客が激減したために、「13府県ふっこう周遊割」を活用しました。自分で宿泊するホテルを2泊以上予約し、宿泊証明書等と書類を送付することで2泊で最大12,000円の支援金を補助されます。平成31年1月31日宿泊分まで延長されましたが府県によっては予算が上限になれば打ち切られます。また、新大阪、岡山間は「おとなび」を活用して、こだまでしたら往復4,800円という格安の値段で旅をすることができます。岡山県広島県の復興を願って、お金を落とすことがより早い復興をもたらすと思いますので、また機会があれば訪れようと思います。

f:id:akazi405:20181209083341j:plain